読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今何時だ?

f:id:sawazonokota:20170123042402j:plain

現在の時刻は午前3時39分。

 

明日は1時間目から授業がある。

 

なのに、こんな時間にブログを書いている。

 

もちろん、愚かなことだとわかっている。

 

早く寝ろ、というお叱りが聞こえてきそうだ。

 

しかし、寝ることができない。

 

30分前にお風呂に入ったから目が覚めてしまった。

 

しかし、こんな時間まで起きているのは久しぶりだ。

 

この時間まで起きていると、あの日々を思い出す。

 

それは、大学に入学してからの1ヶ月間のこと。

 

そのときの僕は、受験から解放されたことがうれしかったし、なにより大学生というのは遊ぶものだと思っていた。

 

だから、毎日授業が終わるとすぐに家に帰り、それから午前3時~4時までゲームをしていた。

 

当然、課題以外の勉強はしなかった。

 

あの頃は、毎日こんな生活を続けていたいと思っていた。

 

しかし、大学に入学してから1ヶ月が経ったある日。

 

その日はバドミントンのサークルがあったのだが、なぜかバドミントンをしている途中で吐き気がした。

 

1回だけでなく、何回も。

 

絶対にこんなところで吐いたらいけないと思い、何度も何度も吐き気を抑えた。

 

なんとか吐かずにサークルを終えることができ、友達と2人でいっしょにしゃべりながら帰っていると、また吐き気がおそってきた。

 

また抑えてやろう。

 

そう思ったが、今回の吐き気は強かった。

 

僕はその場で吐いてしまった。

 

友達の横で、吐いてしまった。

 

吐いた瞬間、友達に嫌われたかどうかめちゃくちゃ不安になったが、友達は普通に心配してくれた。

 

それから家に帰って、なぜ吐いてしまったのか原因を考えた。

 

出てきた答えは一つ。

 

夜更かしだ。

 

毎日3時~4時までゲームをしていたから、路上で吐くことになってしまったのだ。

 

だったら、今日から夜更かしをやめよう。

 

それから僕は寝る時間を12時~1時にした。

 

それからは、健康そのものだった。

 

毎日目覚まし時計をセットしなくても午前6時~7時に起きることができた。

 

しかし、最近はまた夜更かしすることが多くなり、寝るのはたいてい午前1時~2時、2時を過ぎることもたまにある。

 

そして今日、こんな時間まで起きてしまっている。

 

現在午前4時15分。

 

ちなみに、起きるのは午前7時30分の予定だ。

 

約3時間睡眠か…

 

もう寝よう。

 

そして、どうか明日吐くことがありませんように。