読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウバースはおもしろい?遊んだ感想をまとめてみた!【感想・レビュー】

「シャドウバース」はあのCygamesが配信しているスマホゲームです。

 

昔よくデュエルマスターズ遊戯王などのカードゲームを遊んでいた僕にとって楽しむことができたゲームなので、今回は「シャドウバース」を紹介していきます。

 

シャドウバースはこんなゲーム!

シャドウバースは、自分でカードを集めてデッキを作り、作ったデッキで相手とバトルするゲームです。

 

カードの手に入れ方

 

カードの手に入れ方は、主にパックと生成の2種類があります。

 

f:id:sawazonokota:20170211174241p:plain© Cygames, Inc.

 

パックはチケット、ルピ、クリスタルで入手することができ、1パックに8枚のカードが入っています。

 

また、パックは現在「スタンダード」、「バハムート降臨」、「ダークネスエボルヴ」の3種類があります。

 

初心者はまずスタンダードパックでカードを集めるといいでしょう。

 

カードのレアリティは、ブロンズレア、シルバーレア、ゴールドレア、レジェンドの順に高くなっています。

 

レジェンドは強力な効果を持つものが多いですが、ではブロンズレアが弱いのかというと決してそんなことはなく、それぞれのレアリティのカードを組み合わせてデッキを組むことが重要です。

 

f:id:sawazonokota:20170211175551p:plain© Cygames, Inc.

 

もう1つのカードの手に入れ方は、エーテルを使ってカードを生成することです。

 

当然レアリティによって生成に必要なエーテルの量は異なっており、ブロンズレアは50、シルバーレアは200、ゴールドレアは800、レジェンドは3500のエーテルが必要になります。

 

パックで自分がほしいカードが手に入らないときは、エーテルで目的のカードを生成します。

 

また、自分が持っている不要なカードは分解してエーテルにすることもできます。

 

カードを分解するとそのカードは消えてしまうのでどのカードを分解するかは慎重に選びましょう。

 

分解することで得られるエーテルは、ブロンズレアで10、シルバーレアで50、ゴールドレアで250、レジェンドで1000です。

 

デッキを作ってみよう!

 

カードを集めてたら、さっそくデッキを作ってみましょう。

 

デッキは40枚のカードで構成されており、カードには「フォロワー」、「スペル」、「アミュレット」の3種類が存在します。

 

フォロワーは、フィールド上に出して相手のフォロワーを攻撃したり相手を直接攻撃します。

 

スペルは、発動した瞬間効果を発揮し、発揮した後はフィールド上には出さずに墓地に置かれます。

 

アミュレットは、フィールド上に出せるのですが、攻撃はできず、攻撃されることもありません。フィールド上に存在することで効果を発揮します。

 

そして、デッキを作るに当たって、リーダーを選択する必要があります。

 

リーダーは、「エルフ」、「ロイヤル」、「ウィッチ」、「ドラゴン」、「ネクロマンサー」、「ヴァンパイア」、「ビショップ」の中から選ぶことができ、リーダーによって使用できるカードが変わってきます。

 

例えば、上の画像のカードはクラスという項目がエルフとなっていますが、これはエルフ以外のリーダーでは使用できないと言うことです。

 

デッキを作る上で、どのリーダーを選ぶかも重要になってきます。

 

f:id:sawazonokota:20170211183651p:plain© Cygames, Inc.

 

作ったデッキでバトル!

それでは、自分で作ったデッキでバトルしていきましょう。

 

f:id:sawazonokota:20170211184541p:plain© Cygames, Inc.

 

対戦では、自分と相手の体力はともに20となっています。

 

フォロワー、スペル、アミュレットをうまく使っていって、相手の体力を0にすれば勝利です。

 

では、ここでカードの説明をしたいと思います。

 

f:id:sawazonokota:20170211175551p:plain© Cygames, Inc.

 

はい、先ほどの画像ですね。

 

左上の緑色の部分の数字はコストです。

 

1ターンに1つPPというものがたまり、PPが5になったらPPを5消費してこのカードをフィールドに出せるということです。

 

消費したPPは次のターンには回復します。

 

左下の青色の部分の数字は攻撃力です。

 

相手のフォロワーや相手を攻撃したときに攻撃力分のダメージを与えます。

 

右下の赤い部分の数字は体力です。

 

相手のフォロワーに攻撃されたりスペルによってダメージを受けたときに自分の体力の数字からダメージ分の数字が引かれ、体力が0になったフォロワーはフィールドから墓地に置かれます。

 

また、フォロワーは進化をすることで強化されたり効果を発揮することができます。

 

f:id:sawazonokota:20170211195407p:plain© Cygames, Inc.

 

さっき紹介したカードが進化した姿です。

 

対戦中に進化できる回数は先攻で2回、後攻で3回です。

 

また、先攻のプレイヤーがフォロワーを進化できるのは5ターン目からで、後攻のプレイヤーは4ターン目からです。

 

そして、対戦して勝利するとランクを上げることができます。

 

ランクを上げればあげるほど、より強い相手と対戦することになります。

 

負けるとランクが下がるので注意しましょう。

 

まとめ

カードの種類は600以上あり、多様なデッキを組むことができます。

 

また、同じデッキを使ったとしてもプレイヤーの腕によって勝てるかどうかが変わってきます。

 

そういう意味でも、めちゃくちゃ奥の深いゲームです。

 

僕もまだまだランクが低いのでこれから頑張ってランクを上げていこうと思います。

 

以上、シャドウバースの紹介でした!

シャドウバース (Shadowverse)
シャドウバース (Shadowverse)
開発元:Cygames, Inc.
無料
posted with アプリーチ